HOME > 居室タイプと料金のご案内

料金システム

料金システム

(単位:円)

プランの名称 前払金 月額利用料 (内訳)
家賃 管理費 食費 光熱水費
A-① 16,800,000 302,400 0 183,600 75,600 43,200
A-② 0 802,400 500,000 183,600 75,600 43,200
B-① 17,900,000 302,400 0 183,600 75,600 43,200
B-② 0 852,400 550,000 183,600 75,600 43,200
C-① 19,800,000 302,400 0 183,600 75,600 43,200
C-② 0 902,400 600,000 183,600 75,600 43,200
D-① 22,600,000 302,400 0 183,600 75,600 43,200
D-② 0 962,400 660,000 183,600 75,600 43,200

※各居室タイプはこちらをご確認ください。
※Cタイプ、Dタイプはご親族2名様で同室利用可能です。

各料金の内訳・明細

前払金 月額単価(     円)×想定居住期間(   36ケ月)により算出
(月額単価の説明)
賃料、設備・備品、大規模修繕を含む修繕費を基礎に空室率及び近傍同種の家賃等を勘案して算出した居室及び供用施設の家賃相当額です。
前払金は36ケ月で均等に償却致します。36ケ月を超えて入居が継続した場合前払金の追加及び更新等の費用は発生致しません。
入居契約期間が36ケ月に満たない場合は前払金の未償却分を返却致します。
(想定居住期間の説明)
入居継続期間別入居者数の過去データをもとに平均過去年数を算出し想定居住期間を36ケ月に想定しています。
家賃 家賃相当額は「前払金」として受領しております。
管理費 施設の維持管理費、事務管理部門の人件費及び事務費。
・生活サービス 居室管理(清掃、ごみ搬出、不在時の管理)洗濯、シーツ交換、共有部分の清掃、管理など
・事務サービス 来訪者、電話等の受付、郵便物・宅配便の取次など

その他の費用(自己負担分)

月額介護費

月額介護費は、厚生労働大臣が定める介護報酬の一割相当額のことです。※1ヵ月を30日として算出

(単位:円)

要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
6,676 11,239 19,555 21,854 24,295 26,560 28,966

(要介護1〜5については夜間看護体制加算含む 要支援1〜要介護5については医療連携加算含む)

日常消耗品費

日常消耗品費 10,800円/月

ご家族様に代わり、ティッシュ、シャンプー、歯ブラシなどの日常消耗品を自動的に補充するシステムです。洗濯機による洗濯代も含みます。

※医療費・オムツ代・個別専用消耗品(口腔ケア専用歯ブラシ、嚥下用トロミ剤)、医療消耗品(ガーゼ、ワセリン等)、嗜好品、個別選択による有料サービス(規程以外の付添い料等)は実費をご負担ください。

料金改定の手続き

人件費・諸物価の変動に基づき、運営懇談会の意見を聞いた上で料金改定をした場合は、2ヶ月前までに説明し、利用者・身元引受人等へ事前に通知をします。

消費税について

上記の管理費・食費・光熱水費などは、税込みの金額になります。

ご利用の基準

疾患受入れ基準の一例

疾患名 受入れ体制
認知症、アルツハイマー病
パーキンソン病
心疾患
脳血管疾患
糖尿病
ALS(筋萎縮性側索硬化症)
脊髄小脳変性症
悪性腫瘍
肝疾患
腎疾患

状況および周辺症状受入れ基準

状況や周辺症状 受入れ体制
IVH(中心静脈栄養)
経管栄養(経鼻、胃ろう)
腸ろう・腎ろう 要相談
気管切開
インシュリン
痰吸引
人工呼吸器(在宅)
人工肛門・膀胱
徘徊・暴言 要相談
在宅酸素
感染症 隔離が必要でない状態なら受入れ可能です。

※上記にない疾患・症状の方につきましても、まずはご相談ください。
※疾患・症状によりお受けできない場合もございます。あらかじめご了承ください。

入居対象者一例

インシュリン・胃ろう・経管栄養・IVH・在宅酸素・全盲などの障害のある方(肺気腫・無気肺)・多発性脳梗塞・バルーン・ペースメーカー・パーキンソン症候群など

ご面談 ご入居の際には、ご本人またはご家族に、担当者が面談させていただきます。

ご見学・ご入居・ご相談・資料請求などのお問い合わせは
お問い合わせフォーム
フリーダイヤル: 0120-79-0312
お気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ